温水洗浄便座の選び方・疑問

中国でウォシュレット取り付け【日本のウォシュレットは中国で使えるのか?】

※「ウォシュレット」はTOTO社の登録商標です。本記事の一部で使われる「ウォシュレット」は、一般的な温水洗浄便座の意味で使用しています。

中国で温水洗浄便座を取り付けたい!

今回の記事では、こんなニーズを持つ方に向けて、中国でウォシュレット(温水洗浄便座)を取り付ける際に注意すべきポイントを解説していきます。

日本の温水洗浄便座は中国で使えるのか?

はじめに注意すべきことは、日本の温水洗浄便座をそのまま中国に持ち込んで使うことはできません

一番の理由は、電圧です。

日本は電圧が100Vですが、中国の電圧は220Vです。

そのため、日本の温水洗浄便座をそのまま中国に持ち込んで、取り付けると電圧が合わずに故障してしまいます。

中国における温水洗浄便座の普及率

中国建築衛生陶器協会(CBCSA)によると、中国における温水洗浄便座の2019年時点の普及率は2.6%強と推定されています。

日本の普及率は2021年時点ですでに80%を超えているので(出典:レストルーム工業会)、中国ではまだまだ発展途上の商品ではあります。

しかし、人口の多い中国では、温水洗浄便座の市場規模(出荷台数ベース)では、すでに日本の450万台/年を抜いて、600万台~800万台/年まで成長しています。

そのため、日本や欧米メーカーだけでなく、現地中国のメーカーも含めて多くのメーカーが市場に参入しており、中国の大手ECサイトでは多くの種類の温水洗浄便座が販売されています

中国で温水洗浄便座を取り付けるときに考慮すべきこと

電圧以外にも、中国ならでは点のとして注意すべきことがあります。

便器の横に電源コンセントがあるか確認する

中国のコンセント

1つめは、便器の横に電源コンセントがないケースがあることです。

温水洗浄便座の普及が進んできているのに伴って、最近のマンションでは便器の横にコンセントを設置するのは当たり前になっていますが、昔のマンションにはコンセントがないケースもあります。

そのため中国で温水洗浄便座を設置する場合は、まず便器の横に電源コンセントがあるかを確かめる必要があります。

もし、電源コンセントがない場合は、大家さんを通じて電源コンセントの設置を依頼する必要があります。

中国での電源コンセントの設置工事の相場は、100~200元(約1,600~3,200円)程度です。

中国の法規制に対応した温水洗浄便座にする

中国には国家規格GBがあります。

温水洗浄便座に関連するGBには、電気製品の安全性に関する試験や基準が定められていて、販売者はGBの基準に合致したものしか販売できません。

このGBで定められた基準は、日本の公的規格で定められた基準とは異なるものが多く、日本の基準に合致したからといって、中国の基準に合致したことにならないので注意が必要です。

中国で要求される防水レベルの温水洗浄便座にする

中国における温水洗浄便座は、防水に対する要求レベルが異なります。

これもGBによって定められていますが、中国で要求されるレベルは日本よりも高くなっています。

日本では、トイレは以下のように個室に設置されているのが当たり前です。

しかし、中国では、以下の写真のようにお風呂や洗面台と一緒になっているケースがほとんどです。

中国のトイレ・バスルーム

そのため、温水洗浄便座が湿気にさらされたり、水しぶきがかかったりするケースが日本よりも多くなると考えられます。

こうした実情を踏まえて、中国では温水洗浄便座に対して日本よりも高い防水規格が適用されているのです。

国際的な防水規格の等級では、以下のような違いがあります。

日本の防水等級
IPX3:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない

海外の防水等級
IPX4:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない

実際にIPX4の試験は、以下のように実施されています。

温水洗浄便座の防水等級テスト 温水洗浄便座の防水等級テスト 温水洗浄便座の防水等級テスト

写真の試験は、過酷な環境下での信頼性を確かめる目的での試験なので、実際の使用場面でシャワーの水をかけても問題ないことを保証するものでありません。

特殊な形状の便器でないか確認する

中国には日本と異なり、多様な形状の便器があります。

海外の便器の形状

例えば、上の写真の左側の便器は四角い形状をしていて、日本ではまず見かけないタイプです。

こうした便器の場合、多くのケースで温水洗浄便座が合わないことがあります。

温水洗浄便座を購入する前に、その便座が便器の形に合うのかを確認するようにしましょう。

中国で温水洗浄便座を取り付ける方法

中国で温水洗浄便座を取り付ける方法は、大きく2つです。

  • 自分で取り付ける
  • 取付業者にお願いする

自分で取り付ける

購入した便座を自分で取り付けることができます。

取り付け方は基本的に日本取り付ける場合と同じです。

既設の便座を外して、温水洗浄便座を取り付けて、給水ホースとコンセントを接続すれば完了です。

関連記事:賃貸でウォシュレットを取り付ける方法

大家さんに事前に連絡しておくとスムーズではありますが、経験的に日本ほど厳しく原状復帰を要求される賃貸マンションは少ないです。

また、日本だとお金(5,000円くらい)を払って取り外した便座を粗大ゴミで出する必要がありますが、中国ではゴミ捨て場にそのまま置いておけば、回収員の人がそのまま回収してくれます。

取付業者にお願いする

中国では大手ECサイトで購入した便座に取付サービスをつけているメーカーも多数あります。

取り付け費用の相場は、1回あたり60~100元(日本円で約1,000円~1,600円)です。

1万円くらいが相場の日本に比べると、かなり安くなっています。

ただし、作業員は中国人なので、日程調整や工事の立ち会いの際に中国語が必須になります。

中国向けの温水洗浄便座を購入する方法

中国向けの温水洗浄便座を買う方法は大きく2つあります。

日本で中国向けに作られた温水洗浄便座を買う

1つは、日本で中国向けの温水洗浄便座を買う方法です。

空港の免税店や、家電量販店で中国向けの温水洗浄便座が売られているコーナーがあります。

そうした売り場で売られている温水洗浄便座は、中国の法規格に合致したものなので安心して使うことができます。

Amazonでも、以下のように海外専用モデルが売られています。

中国現地で中国向けの温水洗浄便座を買う

もう1つは、中国現地で温水洗浄便座を買う方法です。

日本の大手メーカーの商品も含めて、多くの製品や部品が中国で作られているため、日本で買うよりも安く手に入るケースもあります。

そのため、よほどの事情がない限り、中国で買うことをおすすめします。

日本向けの温水洗浄便座に変圧器を使うことはおすすめしない

日本向けの温水洗浄便座に変圧器を使うことはおすすめしません。

その理由は、以下の2つです。

  1. 防水規格が中国の基準に合致するように作られていない(予期せぬ事故につながる恐れがある)
  2. 変圧器自体も湿気や水気にさらされて危険

まとめ

以上、中国で温水洗浄便座を取り付ける際の注意点でした。

  • 中国での温水洗浄便座の普及率は3%弱と日本の80%に比べて小さいが、市場規模(台数ベース)では、日本の450万台をすでに上回っている。
  • 中国で温水洗浄便座を取り付けるときに考慮することは、電源コンセントが便器の横にあるか確認すること、中国の国家規格GBに合致している(=防水規格を満たしている)温水洗浄便座にすること、特殊な便器形状でないかを確認することが挙げられる。
  • 中国向けの温水洗浄便座を買う方法は、日本の免税店や家電量販店等で中国向けの温水洗浄便座を買うか、中国で中国向けの温水洗浄便座を買うかの2つ。特に事情がなければ中国で買うことをおすすめする。日本向けの温水洗浄便座に変圧器を接続して使うことはおすすめしない。

中国でのイチオシはアイシン精機製の温水洗浄便座

中国で使う温水洗浄便座として当社がおすすめするのは、アイシン精機製の温水洗浄便座です。

アイシン精機は、日本では自動車部品を作っているトヨタ自動車系列の会社として有名ですが、実は温水洗浄便座も40年以上製造してきた実績があり、累計の生産台数は2500万台を超えています

日本でも複数の上場メーカーに商品を供給しています。

アイシン精機をおすすめする理由は大きく2つです。

おすすめする理由1:高い信頼性

1つめが、高い信頼性を誇っていることです。

温水洗浄便座が使われる環境は、通常の家電製品と比べるととても過酷です。

温度も湿度も高くなりがちなバスルームで使うので、通常の家電製品と比べてもより丁寧な配慮が必要になります。

実際に、過酷な環境で使うが故に、品質レベルの低い商品だと、以下のような火災事故を起こすこともあります

中国で実際に起きた事故

先ほども書いたように、アイシンは家電製品よりも過酷な状況で使われる自動車部品を作っているメーカーです。

言い換えると、アイシンは、温水洗浄便座を家電の品質だけでなく、車の品質もベースにして作ることができるメーカーとも言えます。

おすすめする理由2:長年の経験に裏打ちされたノウハウ

2つめが、長年の経験によって蓄積されたノウハウです。

温水洗浄便座は先ほども書いたように、通常の家電製品よりも過酷な環境で使用される製品です。

また、バスルームというプライベートな空間で使われるので、想定外の使われ方をするケースも少なくありません。

そのため、開発段階では予期しない故障や不具合が出やすい製品です。

例えば、先ほど挙げたような火災事故や、洗剤や便の侵入による故障などは開発段階の試験だけでは100%予測することが難しい故障でした。

しかし、アイシンには、40年間、2,500万台の販売実績の中で、開発段階では予期できなかった失敗がノウハウとして数多く蓄積されています

また、製品を長く愛用頂けるように、シャワーの出し方、座り心地などの細かい部分まで計算して作っていますが、それも長年の経験があるからこそできることです。

アイシン精機製の便座には、5つのモデルがあります。

中国アイシン精機の便座
品番 便座サイズ 加熱方式 操作
JE432 標準 瞬間式 袖パネル(取り外してリモコンとしても使用可能)
JE531 標準 瞬間式 袖パネル
JE530 小型 瞬間式 袖パネル
JE201 標準 貯湯式 袖パネル
JE200 小型 貯湯式 袖パネル

ご自宅の便器の形状やお好みに合わせて選んで頂くことができます。

中国でアイシン精機の温水洗浄便座の購入を希望される方は、以下タオバオのショップからご購入ください。

▼▼当社タオバオ公式サイト▼▼

タオバオのショップを見る

 

ABOUT ME
中山 裕司
大手住宅設備メーカーにて15年間、国内外のトイレ商品の開発に従事。2019年に株式会社Water X Technologiesを設立し、独自に水回り商品を開発・販売しています。>>会社情報はこちら

パワフル温風!
トイレットペーパーを不要にして、
毎日のトイレをエコで快適に!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です