温水洗浄便座の選び方・疑問

賃貸でウォシュレットのリモコンを取り付ける方法

賃貸物件で温水洗浄便座のリモコンを取り付ける方法

※「ウォシュレット」はTOTO社の登録商標です。本記事の一部で使われる「ウォシュレット」は、一般的な温水洗浄便座の意味で使用しています。

賃貸物件のトイレに温水洗浄便座のリモコンを取り付けようとすると、壁に穴を開ける必要があります。

でも、退去時の修繕費用が心配なので、トイレの壁には穴を開けたくない。。。

そう思ってリモコンタイプを諦める人もいるかもしれませんが、実は温水洗浄便座のリモコンを壁に穴を開けずに取り付ける方法があるということを知っていましたか?

今回の記事では、リモコンタイプで使う温水洗浄便座のリモコンを壁に穴を開けずに設置する方法をご紹介します。

TOTO製リモコン

LIXIL製リモコン後付

穴あけ不要のリモコン取付プレート

賃貸物件でトイレの穴を開けずにリモコンを取り付ける際には、リモコン取付プレートが役立ちます。

例えば、TOTO製のリモコン取付プレートは、以下のとおりです。

TOTO製のリモコンを設置する際に活用できます。

以下の商品は、LIXIL製のリモコン取付プレートです。

リモコン取り付けプレートの特徴は、トイレットペーパーホルダーに設置できること。

元々トイレに設置されているトイレットペーパーホルダーを活用するので、新たに穴を開けることなく温水洗浄便座のリモコンを取り付けることができるのです。

実際に取り付けると、以下のようになります。

リモコンを取付プレートに設置した状態

取付プレートに約1,000円を支払うだけで、賃貸でも温水洗浄便座用のリモコンを取り付けできて、多機能型の温水洗浄便座を設置できるようになります。

取付プレートの設置方法

ここからは実際の設置方法を解説していきます。

今回、例にあげるのはLIXIL製のリモコン取付プレートです。

実際に取り付けた商品の写真がこちらです。

リモコン取付プレート

上側がリモコンの設置部分で、下側がトイレットペーパーホルダーとのジョイント部分になります。

ペーパーホルダーのネジを緩める

はじめに、トイレットペーパーホルダーについている3箇所のネジを緩めます。

トイレットペーパーホルダーのネジを緩める

完全に取り外すと設置の手間が増えるので、ネジは半分くらいまで緩めるだけで十分です。

取付プレートをペーパーホルダーにジョイントする

次に取付プレートをペーパーホルダーにジョイントします。

取付プレートをペーパーホルダーにジョイントする

ペーパーホルダーのネジを締める

取付プレートをしっかり下までジョイントしたら、ペーパーホルダーのネジを締めます。

完成形は以下の写真のようになります。

取付プレートをペーパーホルダーにジョイントした状態

リモコンホルダーを取付プレートに設置する

次にリモコンホルダーを取付プレートに設置します。

リモコンホルダーについている取付用の穴と、取付プレートに開いている穴の位置を合わせます。

リモコンホルダーの穴と取付プレートの穴を合わせる

穴の位置が合うことを確認したら、リモコンホルダーの穴にネジを入れて、リモコンホルダーを取付プレートに固定します。

リモコンホルダーを取付プレートに設置する

リモコンをリモコンホルダーに設置する

最後にリモコンをリモコンホルダーに設置します。

リモコンを取付プレートに設置した状態

これで完了です。

リモコンの取付までは、15分もあれば完了します。

リモコンが無くても動かせる袖タイプ

温水洗浄便座には、操作の方法によってリモコンタイプと袖タイプがあります。

一般的にリモコンタイプは、袖タイプに比べて本体がすっきりしたデザインにできるメリットがあるのに加えて、多くの機能を搭載しているモデルを選ぶことができます。

しかし、どうしてもリモコンをつけるのが面倒と思うなら、袖タイプを選ぶのも一案です。

以下の記事に、温水洗浄便座を選ぶ際のポイントを詳細にまとめたので、あわせてご覧ください。

【プロが解説】ウォシュレットの選び方【4つのポイント】※「ウォシュレット」はTOTO社の登録商標です。本記事の一部で使われる「ウォシュレット」は、一般的な温水洗浄便座の意味で使用しています。...

まとめ

以上、賃貸物件で壁に穴を開けずにリモコンを設置する方法でした。

  • 賃貸物件で壁に穴を開けずにリモコンを設置するにはトイレットペーパーホルダーに設置できる取付プレートが便利。取付プレートは、TOTO、LIXILがそれぞれ品揃えしている。
  • 取付プレートの設置手順は、ペーパーホルダーのネジを緩める、取付プレートをペーパーホルダーにジョイントする、ペーパーホルダーのネジを締める、リモコンホルダーを取付プレートに設置する、リモコンをリモコンホルダーに設置する順。合計で15分もあれば設置を完了できる。
  • リモコンの取り付けがどうしても面倒なら、袖タイプを選ぶのも一案。

TOTO製のリモコン取付プレート

LIXIL製のリモコン取付プレート

▼▼関連記事▼▼

【プロが解説】ウォシュレットの選び方【4つのポイント】※「ウォシュレット」はTOTO社の登録商標です。本記事の一部で使われる「ウォシュレット」は、一般的な温水洗浄便座の意味で使用しています。...
ABOUT ME
中山 裕司
大手住宅設備メーカーにて15年間、国内外のトイレ商品の開発に従事。2019年に株式会社Water X Technologiesを設立し、独自に水回り商品を開発・販売しています。>>会社情報はこちら

パワフル温風!
トイレットペーパーを不要にして、
毎日のトイレをエコで快適に!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。