今日からブログをスタートしました。

まずはこのブログと私の紹介、世界の温水洗浄便座の普及状況に関する情報を投稿します。

ブログの目的

多くの方に、温水洗浄便座のこと、世界の温水洗浄便座を広く知ってもらうこと

 

プロフィール

Yuji Nakayama(中山裕司)
大手住宅設備メーカーにて、日本をはじめ、アメリカ、ヨーロッパ、中国、東南アジア向けなど、10数機種の温水洗浄便座の商品開発を担当。中国に3年間駐在して、商品開発部門と工場の立ち上げを経験。

これまでの会社の枠を超えて温水洗浄便座を世界に広めていきたいという思いをもって15年間の勤務を経て退職。

2019年に株式会社Water X Technologiesを設立。世界に温水洗浄便座を普及させるために日々邁進しています。2010年グロービスMBA修了。

Linkdeinのプロフィール

https://www.linkedin.com/in/yuji-nakayama-48b464154/

 

温水洗浄便座の普及状況

日本の温水洗浄便座は普及率80%を超えて、今や一家に1台以上設置されているのは当たり前、日本だとパブリックスペースでの普及も進んでいて、新しい商業施設やビルでは、ほぼ100%温水洗浄便座が設置されています。

参考ページ(温水洗浄便座の普及率)

一方で、世界を見渡すと、日本に次いで普及しているのは韓国ですが、推定普及率は40-50%にとどまっており、最近急速に普及が進みつつある中国でもまだ1%未満でしょう。欧米その他の国では、ほとんど普及が見られません。

市場がある程度成熟してきている日本と韓国を除けば、中国は市場成長率が30%とも50%とも言われていますし、母数は少ないもののドイツ・スイスを始めとした欧州や、アメリカ・カナダでも中国同様に成長しているようです。(統計データがないので、あくまでこれまでの経験からの推定です)

 

温水洗浄便座の魅力(なぜ世界に広げたいか)

上記のように温水洗浄便座の普及はまだまだこれからです。もしかしたら、私が生きている間中、世界でずっと成長を遂げるかもしれない稀有な商品です。

用を足した後のおしりを綺麗に保てる温水洗浄便座が世界に広がれば、世界の衛生環境改善に大きく貢献できますし、温水洗浄便座が無くて不便な思いをしている日本人が、より安心して海外に旅行できるようになります。

 

なぜ新たな会社で仕事をするのか?

温水洗浄便座という商品に特化してスピーディーに世の中に広げていきたいという思いから起業しました。業界を超えてコラボレーションを図ることで今までにはない発想で商品を作ることができるのではないかとも思っています。世界に誇れる温水洗浄便座+異業種の組み合わせで世界の温水洗浄便座市場の発展に寄与していきます。

©2019 Water X Technologies Co., Ltd

Log in with your credentials

Forgot your details?