日本では温水洗浄便座の一般世帯での普及率は約80%となり、100世帯当たりの保有数量は100台を突破しています。

 

“温水洗浄便座は、1967年に日本で販売を開始、以後、国民の清潔志向の高まりもあって、徐々に普及してきました。

日本での温水洗浄便座の普及率は、2016年3月に80%を超え、一般家庭には、ほぼ普及したと推測されます。
さらに、温水洗浄便座は、一般家庭に限らず、オフィスビルや商業施設、ホテル、鉄道、駅舎、2010年代には旅客機 といったパブリック用途にも採用されるようになり、現在では日本人にとって必需品といわれるまで生活に密着した衛生機器となっています。“

日本レストルーム工業(https://www.sanitary-net.com/trend/spread.html)から一部記述を引用

 

実際にネット上では、海外旅行にいった日本人が海外で温水洗浄便座がなく困っている状況が多数見られます。

 

このように日本では生活に密着している温水洗浄便座ですが、日本以外でも徐々に広がりを見せています。

Water X Technologiesは、温水洗浄便座を世界に広げて、世界の人が衛生的で快適な毎日を送れることに貢献していきます。

©2019 Water X Technologies Co., Ltd

Log in with your credentials

Forgot your details?