トイレの豆知識

ウォシュレットは英語や中国語で何と言うのか?【便座のプロが解説】

※「ウォシュレット」はTOTO社の登録商標です。本記事の一部で使われる「ウォシュレット」は、一般的な温水洗浄便座の意味で使用しています。

外国人に英語でウォシュレット(温水洗浄便座)の説明をしたいけど、そもそも温水洗浄便座って英語で何と言うのだろう?

こんな疑問をお持ちの方もいるかと思います。

この記事では、世界で温水洗浄便座を開発してきた便座開発のプロが、温水洗浄便座の英語名称について解説していきます。

商品名称だとまず通じない

日本では一般的に使われている名称としては、以下の2つがあります。

  • ウォシュレット(TOTOの商品名):Washlet
  • シャワートイレ(LIXILの商品名):Shower Toilet

この2つを英語にして伝えても、まず通じることはありません。

WashletはWashとToiletを組み合わせた和製英語ですし、Shower Toiletだとお風呂のシャワーがイメージされることなどもあり、温水洗浄便座を想起してもらえないことがあります。

温水洗浄便座でよく使われる英語名称

温水洗浄便座の英語名称で一般的に使われるのは「Bidet Seat」です。

Bidetとは、欧州の一部地域を中心に発展した局部洗浄装置であるビデのことです。

以下の写真のように、ビデはトイレに併設して設置されます。

欧州を中心に発展したビデ

この局部洗浄装置が便座に内蔵されていることから、便座を意味する「Seat」と組み合わせて、温水洗浄便座のことを「Bidet Seat」と呼んでいるのです。

「Bidet Seat」に派生して、以下のような呼び方もあります。

  • Electric Bidet Seat (電気で動くことからElectricをつける)
  • Bidet Toilet Seat (トイレで使うシートなのでToiletをつける)

アメリカで温水洗浄便座を販売している大手メーカー各社の説明を見ても、「Bidet Seat」、「Electric Bidet Seat」、「Bidet Toilet Seat」のいずれか1つまたは複数が、温水洗浄便座を表す一般名称として使われています。

私の業務経験の中では、Electricの部分を略して「E-Bidet」とか、「E-Bidet Seat」などと呼ばれることもありました。

他には、以下のような呼び方もありました。

  • Smart Seat (賢い便座という意味)
  • Advanced Seat (先進的な便座という意味)

ただし、これらの表現だと、局部を洗浄する意味合いが含まれないので、通じない可能性も大きそうです。

※ここからは余談

なお、温水洗浄便座には、便器と一体になっている一体型と、便器に後付けできる分離型があります。(詳しくは以下の記事をご覧ください)

ウォシュレット一体型と後付け分離型の比較
【ウォシュレット】一体型と後付け分離型の違いは?【メリット・デメリット比較】※「ウォシュレット」はTOTO社の登録商標です。本記事の一部で使われる「ウォシュレット」は、一般的な温水洗浄便座の意味で使用しています。...

後付けタイプは、先ほどの解説のように「Bidet Seat」等でよいのですが、一体型だと温水洗浄便座機能がついた便器・トイレなので、次のような呼び方があります。

  • Integrated Bidet Toilet (統合されたビデ付きトイレという意味)
  • Intelligent Toilet (知的なトイレという意味)
  • Smart Toilet (賢いトイレという意味)

とはいえ、多くの人は、後付けタイプかトイレ一体型かまでは細かく考えないでしょうから、「Bidet Seat」と言っておけば、通じる可能性は高いでしょう。

地域によっては商品の概念自体が通じないことも

最近は、世界でも温水洗浄便座の認知度が高まっていて、特に欧米やアジアでは温水洗浄便座という商品があること自体を知っている人は増えています。

しかし、地域によっては温水洗浄便座自体を知らない人も多いので、先ほどの英語を言っても通じないケースがあります。

その場合は、どのような商品なのか?具体的に説明してあげる必要があるでしょう。

温水洗浄便座の中国語名称

では、中国語の場合はどうでしょうか?

中国では長らく一般名称が固定されずいましたが、近年では後付け分離型については「智能马桶盖」(知的なトイレのフタという意味)が使われています

他には、「智能电子盖板」(知的な電気フタという意味)や、単に「电子盖板」と表現することもあります。

便器と一体になっている一体型は、「智能马桶」(知的なトイレという意味)とか、「智能马桶一体式」(知的なトイレ一体型という意味)などが使われています

中国の温水洗浄便座の普及率は3%弱(2019年現在)ですが、製品自体の認知度は100%に近くなっているので、これらの単語を使えば温水洗浄便座の意味する言葉としてほぼ通じるようになっています。

まとめ

以上、温水洗浄便座を英語で表現する場合の解説でした。

  • 温水洗浄便座を英語にするときに、ウォシュレットやシャワートイレなど、商品名そのままだと通じにくい。
  • 英語で表現するなら「Bidet Seat」がベター。もう少し丁寧に説明するなら「Electric Bidet Seat」や「Bidet Toilet Seat」などでもよい。
  • 中国語だと「智能马桶盖」や「智能马桶」などで通じる。
ABOUT ME
中山 裕司
大手住宅設備メーカーにて15年間、国内外のトイレ商品の開発に従事。2019年に株式会社Water X Technologiesを設立し、独自に水回り商品を開発・販売しています。>>会社情報はこちら

パワフル温風!
トイレットペーパーを不要にして、
毎日のトイレをエコで快適に!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です