トイレの故障

ウォシュレットから水漏れ【どうする?】原因・対処方法を解説

※「ウォシュレット」はTOTO社の登録商標です。本記事の一部で使われる「ウォシュレット」は、一般的な温水洗浄便座の意味で使用しています。

温水洗浄便座から水漏れしている!

ウォシュレット(温水洗浄便座)から突然水漏れが起きたら驚いてしまいますね。

しかし、温水洗浄便座からの水漏れと一言で言っても、様々な原因がありますし、水漏れのように正常な動作というときもあります。

今回の記事では、水漏れの症状とその原因、水漏れ時の応急処置について解説していきます。

関連記事:【ウォシュレットが動かない!】よくある故障・対処方法・修理費用の目安

水漏れに見えても故障ではない現象

一見すると水漏れのように見えても、実際には水漏れではない現象があります。

それは、温水洗浄便座がノズル洗浄モードになっているときです。

ノズル洗浄の写真

一般的には、人が便座に座ったときにノズル洗浄モードになるほか、リモコンや本体操作部のノズル洗浄機能のボタンを押したときにノズル洗浄モードになることがあります。

まずは故障を疑う前に、誤ってノズル洗浄機能のボタンを押していないか?を確認してみましょう。

もし、短い時間で止まるようなら正常な動作ですし、いつまで経っても水が出てくるのであれば何らかの故障が考えられます。

温水洗浄便座からの水漏れですぐにやるべきこと

温水洗浄便座の水漏れは大きく分けて、便器の中への水漏れと、便器の外への水漏れがあります。

温水洗浄便座からの漏水、2つのパターン

便器の中への水漏れは、直ちに大惨事につながるものではありませんが、便器の外への水漏れは、放っておくと床に大きなダメージを与えてしまうので、直ちに対処する必要があります

自分ですぐにできる対処方法としては、止水栓(元栓)を閉めることです。

トイレの元栓を閉める方法

元栓を閉めておけば、水道管から水が供給されなくなるので、水漏れの被害が広がることがありません。(ただし、便器にも水が供給されなくなるので、便器も使えなくなることにご注意ください。)

その上で、修理専門業者に修理をお願いしましょう。

修理業者には、例えば株式会社GRACEが運営する【水道の修理屋さん】や、株式会社アシストが運営する【水道修理屋】などがあります。

温水洗浄便座からの水漏れで考えられる原因

温水洗浄便座から水漏れをする原因はいくつかあります。

温水洗浄便座の本体を開けると、このように多く部品が入っています。

温水洗浄便座の中身の様子

この中で水漏れの原因となるのが、電磁弁バルブ、タンク(タンクがないモデルもあります)、ノズル、そしてそれらをつなぐホースです。

温水洗浄便座からの水漏れで疑われる部品

また、温水洗浄便座の外部だと、ホース(上のホースと区別するために給水ホースとします)とホース接続部が水漏れの原因箇所になります。

温水洗浄便座のホース接続箇所

便器の中に水漏れするなら電磁弁バルブ内部の故障

便器の中への水漏れが止まらないとするなら、電磁弁バルブの内部の故障が疑われます。

電磁弁バルブの中にはゴムが入っていて、正常なときはそのゴムが水を止めていますが、何らかの要因でゴムが破損してしまったり、ゴムが戻りきらなかったりすると水を止めることができなくなります。

電磁弁バルブで止められない水は、次々にノズルに供給され、ノズルから便器の中への水漏れが続くことになります。

電磁弁バルブが故障しているときは、このバルブを丸ごと交換する必要があります。

部品代は数千円程度とそこまで高くありませんが、交換に手間がかかる部位なので、修理費用は合計で15,000円~30,000円くらいかかるものと考えられます。

シャワー洗浄時だけ便器の外に水漏れするならタンク、ノズル、ホースの故障

便器の外に水漏れするものの、シャワー洗浄時だけ水漏れする場合に考えられる原因は以下の3つです。

  1. タンクの故障:タンクの破損や止水部のゴム部品の劣化など
  2. ノズルの故障:ノズルの亀裂などなど
  3. ホースの故障:ホースの亀裂や抜けなど

この場合も原因となっている部品を丸ごと交換する必要があります。

ノズルやタンクはメーカーやモデルによって値段が異なりますが、修理費用は15,000円~40,000円くらいになるものと考えられます。

シャワー洗浄をしていなくても水漏れするなら電磁弁バルブ筐体か給水ホースの問題

シャワー洗浄していなくても、常時便器の外に水漏れするする場合は、次のような原因が考えられます。

  1. 電磁弁バルブの故障:筐体の破損など
  2. 給水ホースの不具合:給水ホースの亀裂、接続部分のゴム部品の劣化など

この場合も原因となっている部品を丸ごと交換する必要があります。

給水ホースであれば、中身を開けずに修理交換可能なので、費用はそこまで大きくかからず、修理費用は10,000円~20,000円くらいになるものと考えられます。

電磁弁バルブの場合は、交換に手間がかかる部位なので、修理費用は合計で15,000円~30,000円くらいかかるものと考えられます。

製品寿命なら買い替えも検討すべき

温水洗浄便座は電化製品なので、陶器でできている便器に比べると寿命は短くなります。

むしろ、あまり長期間使い続けると危険で、実際にレストルーム工業会でも、長期使用時の注意喚起がなされています。(参考記事:温水洗浄便座の安全に関して トイレナビ

一般的には10年程度使う人が多いですが、使用期間が7年を超えてきたら買い替えを考える目安と言えるでしょう。

分離型の便座をご希望で、特に性能にこだわりがないのであれば、Amazonで最もお値打ちな東芝製の製品がおすすめです。

他の温水洗浄便座を検討したいという方は、【プロが解説】シャワートイレの選び方【4つのポイント】をご覧ください。

温水洗浄便座を選ぶ際のポイントを解説しています。

まとめ

以上、温水洗浄便座の水漏れに関する解説でした。

  • ノズル洗浄モードは故障ではないので、故障かな?と思ったときにはまず確認してみる。
  • 温水洗浄便座からの水漏れには、便器内部への水漏れと、便器外部への水漏れがあるが、いずれにせよ自分ですぐにできることとして元栓を閉めることがある。その上で、修理専用業者を呼んで確かめてもらうことがおすすめ。
  • 温水洗浄便座から便器内部に水漏れをしている場合は、電磁弁バルブの内部の故障が疑われる。
  • 温水洗浄便座から便器外部に水漏れをしていて、かつノズル洗浄時だけ起きる場合は、タンク、ノズル、ホースなどその他の温水洗浄便座内部の部品の故障が疑われる。
  • 温水洗浄便座から便器外部に水漏れをしていて、かつノズル洗浄時以外も起きるのであれば、電磁弁筐体の破損、給水ホース本体または接続箇所の不具合が疑われる。
  • 温水洗浄便座は陶器製の便器と異なり家電製品の一種なので、あまり長く使うのは危険なこともある。買ってから7年くらいを目安に買い替えを検討することをおすすめする。

 

ABOUT ME
中山 裕司
大手住宅設備メーカーにて15年間、国内外のトイレ商品の開発に従事。2019年に株式会社Water X Technologiesを設立し、独自に水回り商品を開発・販売しています。>>会社情報はこちら

パワフル温風!
トイレットペーパーを不要にして、
毎日のトイレをエコで快適に!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です